ハルゲキ!~大草原の小さなおデック~

PCは拡大125%~推奨中!                         記事一覧はカテゴリからどうぞ~

~ パレル卿への挑戦2 ~

エデリン

「ティアさんがモンスターを退治してくれたおかげで、市庁水路の調査が完了しました。

幽霊騒ぎの根源は…、Dr.パレルが自分のペットに自動で餌を与えるために作られた、【オートランチ5】という自動餌供給装置のせいでした。それで、残された唯一のことは、これがどのように起こったかを判断することです。もうちょっと手伝いたいですか?

私:『別にいいけど』

コリンさんにオートランチ5が故障していることを説明する必要がありますね。Dr.パレルの機械は人工知能を持っており、オートランチ5に故障報告書を渡しなさいと尋ねることができます…。ではまずはオートランチ5に会いに行ってくださいな。」

disturbance:騒ぎ、騒動、邪魔、妨害、障害

operate:(機械が)動く、はたらく

how this happened:どうなったか

the only thing left is :残っている唯一のことは

determine:問題などを解決する、決着をつける

breakdown:破壊、故障

artificial:人工的な

malfunction:故障

 

オートランチ5

「ビビ゙

自動ぺっと餌供給ましんおとーらんち5ダヨビ゙ビ

どくたー…緊急事態、緊急事態!

ビビ。。。動物タチニ問題ヲ起コス可能性ノアル汚染サレタぺっとふーどノれしぴがビビ、設定サレマシタ。。

私:『えいっ!バシ』

ビビ。。故障報告書ヲぷりんとあうとシマス。。

(オートランチ5から受け取った故障報告書をエデリンに渡そう。)」

has been set:設定された、セッティングされました

 

エデリン

「無事やってくれたみたいですね。このレポートをコリンさんにお渡しする必要がありますね。

フムフム……、これが意味することは…

ペットフードが動物たちを凶暴化させると?

ところで、オデリア近辺に出没している動物たち…Dr.パレルが関与していた動物…

すぐに解決する必要のある問題のようですね、これは。

今まで私は…、オデリアで起きた恐怖の動物実験はDr.パレルが計画したことだと思っていました。

けれども、私のかつて知っていたDr.パレルという人物はふざけた人でしたが、他人を傷つけるなんてしない人間だと思っていました。

とにかく、この件に関してもっと詳しく調査する必要があります。ペット屋さんのアミーさんは風の港で何度もDr.パレルと連絡を取り合っていた人です。アミーさんに会ってくれますか?彼女ならDr.パレルについて何か情報を持っているやもしれません…」

keep in touch with:と連絡を取り合う