ハルゲキ!~大草原の小さなおデック~

PCは拡大125%~推奨中!                         記事一覧はカテゴリからどうぞ~

幻惑の奇術師 素晴らしきアイディアのウィッチカードでした。

スペルまみれのウィッチには珍しく土の印構成者の救世主であった幻惑の奇術師(通称:ペイズリーさん)

 

ゼウス期に実装されて、初期からそれまでずっっっっっっっっっっっっとスペラーウィッチ(次元超越~ドロシー一択世界)だった、使われることのなかった「土の印構成」に一筋の光を与えてくれたフォロワー・カードでした。

 

「土の印」自体はやたらと多くあるんだけど、土の印を利用してできることが少なすぎたんだよね、あの頃は…

 

 

私はずっと、エルフの2プレイシステムに感動してシャドウバースを好きになり、トレントとかエボニーとか、誰も使わない2プレイシステムを利用した遊びに執着してしまうような如きですから?

 

初期バース時代から誰も使わない「土の印」で遊んで楽しんでいました。

 

結局、シャドウバースの良いところって(あの当時)、そこまで極端に強いカードというものが無かったから、流行おデックはユーザーが馬鹿の一つ覚えしてしまってることに問題があるわけで、作り手たちが作り上げるカードの完成度自体は甲乙つけがたしな絶妙のバランスに満ち溢れていた。そのため、確かに土の印構成者はほぼ皆無で、昔から超越だードロシーだーと一択世界ではあったものの、それは「流行」というだけであって、「強い!」ではないんだよね。

土の印だからっていくらでも余裕で勝てるし、実は土の印はとてつもなく強かった。

 

でも、使うユーザーは少なかった…

 

それでー、ゼウス期(第三弾カードパック)に登場したのがこのペイズリーさんで、これを利用した土の印構成者がだいぶ増加しました。

私もだいぶ、ペイズリーさんで勝利という名の美酒を存分に堪能したものです(^ε^)♪ 

 弱体化前のペイズリーさん。(今は2/1)

 

ウィッチ(魔術師)らしい、楽し気な世界観。アイディアも面白く、土の印を利用することでこの手のカードバトルゲームとしても機能的で良し。無理が無い。コスト2で2/2、これ自体が強いんじゃなくて、アイディアが良いからこその強味。

 

しかし…

 

まさかの弱体化。。。

 

しかもだよ?

 

ローテーションというど~でもいいようなくだらない対戦モードが新しく実装されて、ローテーションモードで強いからって、そんな理由で、弱体化。。。

そんな馬鹿な!?

メインモード(アンリミテッド)にも影響を及ぼすわけで、そうなると、メインのモードでは絶妙だったのに、メインのモードでも弱体化が適応されてしまうから、それで一気に利用者(土の印)がまた減って、超越とドロシー一択世界に戻ってしまった…

 

なんて間抜けな修正なのだろう。

 

修正記事