Epic Games(無料ゲーム)を楽しむ会~♫

2週間に1つゲームが無料化するUnreal Engineで有名な『Epic Games』を遊ぶ!

~ ウォルターさんの作戦、ことごとく失敗す。。 ~

ウォルター

「ティアさん!元気にしてましたか?私はそうでもないんです。。落ち込んでるんです。。

こんなことをやる時でもないんだけど…ルドルフさんからアミーさんを取り戻す方法、コソコソやってやがるあのアルコール依存症ヤロウがすべてにおいて純粋な(アミーさんに)していること(acting)…、ボクは彼がアミーさんのことが好きだと知っています。

 

私はアルコールを使ってアミーさんを取り戻せるのではないかしらと思っています。

アミーさんにプレゼントとしてアルコールを贈るのです!

そのようなプレゼントをもしアミーさんが受け取るならば、自然と彼女はルドルフさんが贈ったものだとそう考えるはずです。そして彼女は一滴も飲むことはできないので、アミーさんはルドルフに失望するでしょう。

そこに!魅力的な王子風に私が現れて、彼女にペットフードをプレゼントするのです!!

はっははは、どうよボクの計画は?

うむむむ、何か言ってくれないの?

まあ、どちらにせよ、これがボクの計画であり、ティアさんは手助けしてくれなければならないのだよ。マティーニラム酒の樽を海岸のミッションモードからとってきて、アミーさんに送ってくれますか?

そう、ラム酒の樽に時々海賊連中が隠れているという話を聞きました。

そう、時々、海賊連中がラム酒を箱の中に隠していると聞きました。

ヒゲクジラ海岸のミッションでそれらの箱の束を見つけることができるはずです。

私:『おっけーー』

あなたは私の気持ちを理解してくださっていますね、ありがとう。

これは素晴らしい計画だと思ってますよ!彼女が私の印象を覚えていれば嬉しいです。

全て秘密にしてくださいよ。

ラム酒の樽を5つ、港の保管庫からとってきてください。

How have you been?:元気でした?

depressed:落ち込んだ

conniving:conniveの現在分詞。見て見ぬふりをする、 黙認する(発音:kənáɪvɪŋ)

cask:(酒を入れる)大樽

inklingn:うすうす知っていること、暗示

 

That conniving alcoholic acting all innocent…I know he likes her.

いちいちイライラするこの例え的な表現(笑)

パッと思いつくのは、「alcoholic」=バーテンダーのルドルフを表現していて、「conniving」=黙ってこそこそとやっていることを表し、「all innocent」はアミーを表している。

と考えて

「コソコソやってやがるあのアルコール依存症ヤロウがすべてにおいて純粋な(アミーさんに)していること(acting)…、ボクは彼がアミーさんのことが好きだと知っている。」

みたいなこと???

 

I'd be happy if she would have ever an inkling of an impression of me.

【直訳で】彼女が私の印象を覚えていれば嬉しいです。

 

ウォルター

「おおお、バッチリ持ってきてくれましたね~!

重いでしょう?ささ、こちらに、手伝いますよっと。

どうもありがとう。毎度助けていただいて、ハハハハ!」

 

ウォルター

「さあ、準備は整いました!

このラム酒をアミーさんに届けてくださいまし。

ボク自身が届けに行って【愛しています】と伝えたいんだホントはさ…

 

でもね…

 

ボク、所詮はNPCなのさ。。。

 

ゲームの開発者らはボクのことをゲーム内で歩き回らせてくれないのさ。。。

ボクはいつもいつもいつもいつも、同じことを繰り返して言うしか術がないんだ、同じ場所で。。

それにボクはママが恋しいよ。。ホロホロ

っと。そんなこんなでだね、思い出してくれよ、ラム酒はルドルフさんからの贈り物だとアミーさんに伝える計画のことをね、いいかい?

さあ幸運を祈るよ…、ああ、そう、ボク自身にだね!

ええっと、アミーさんは風の港に住んでるってことは知ってましたよね?

なんでも彼女、旅行しようとしてるって聞いたんだ、さあ急いで!」

be about to:しようとしている

 

英文読んでただけで声出して笑えるくらいのレベルにはなったんだって、いい意味で素敵な回でした!

 

 

アミー

「なにかしら?え?ラム酒

この前はペットフードでをいただいて、そして今度は私の大好きなラム!どして彼(ルドルフ)は私のラム好きのことを知っていたのかしら~♪

あら~~~!彼は顔がイケてるだけじゃなくて、素晴らしい趣向の持ち主でもあったのね~!なんてイイ男!

彼に伝えて、私が本当にプレゼントのこと気に入ってるって。」

 

ウォルター

「ああ゛゛、聞きましたよ、ええ!!

アミーさん、ホントにラム好きだって???

あっそぉ。。。

ボクら、次の作戦考えなきゃだね。。。

いよいよ諦めなくちゃならんのかもしれん。。。

しかしまあこうもすべてがこんな偶然になるかねぇ。。

ちょっと一人にしてくれる?しばらく一人でいたいんだ。。」

coincidence:偶然、一致

直訳:どうしてそんな偶然になるの?

 

ベッタベタな話だけど、こうじっくり読んでいるとものすごく面白く感じる