ハルゲキ!~大草原の小さなおデック~

PCは拡大125%~推奨中!                         記事一覧はカテゴリからどうぞ~

【セイレーンの涙×麒麟】vs ドロシー3連発!

現代バースはウィッチ率の高さとドロシー一択世界で対戦していてもあまり楽しくないですね…汗

 

勝ちに行こうと思えば結局、カウンターのラストワードの責め苦を使えばある程度楽に勝ててしまうけど、そうやって勝ってだからどうした?という虚しさしか残りませんし、ファンデッキ愛好家としては失格ですビックリマーク

 

この激闘はどう考えても「ドロシーおかしい!」というやりすぎ感漲るドロシー3連発の相手の手札配布の良さに対して、私の方はボロボロでしたが、最後、逆転できた!…と言っていいのかな?ビミョーな、なんかすっきりしない勝利となったのでした。。。

 

 

勝率がだいぶ悪くて改良中ですがこの時のおデックの狙い目は

  • ニンジン畑の再利用
  • 麒麟ディフェンス
  • デーモン、地獄開放のリッチ化二段

これらを主に使って涙破壊から追加していき、大ダメージを叩き込んで勝利する現代バースではだいぶ不利な「一点攻め」の戦法でした。 

 

使う人はほぼ皆無、実装当時数回対戦した経験があるものの、ほぼこれを使う人はいませんし、これをわざわざ使う理由がありません。

 

ニュートラルカードにスポットを無理やり当て込んだ「ワンダラン期」のカードはほぼ失敗しており、(つまり、その後の実装カードが、ニュートラルとのコラボを意識して作られいてないので、そこだけポンっと放り込まれてる状態なので、ワンダラン期のカード効果が薄い。)わざわざ勝ちにこだわりたい大多数の一般ユーザーらはそもそもこんなカードを使うことは無いのです。

  • ニュートラルとネクロが自分の場にいて
  • ネクロを破壊して、ニュートラルに攻防追加
  • ネクロを失う数的不利
  • 一点攻めになりやすい傾向

 

あまりよろしくないですね…

 

間とタイミングがバチィィィィっと合えば強力ですが、結局一点攻めなので、直破壊の餌食になりやすいですし、「自分のターン終了時」なのでその追加された威力が発揮されるのは相手のターンをまたがなければならない(当たり前なんだけど)ので、なかなかムズカシイ…

しかも出したネクロが何の行動も無しに破壊されるわけで、糧として効果的に作用するならまだしも、数的不利は否めない。。

 

改良前のこのおデックで何度か決まったパターンがこちら♪

 

ターン1スカル

ターン2で涙

ターン3でウ・イィー → スカルが残っていればウ・イィー+1

ターン4で地獄開放 → ウ・イィー+1 → リッチ化

ターン5で麒麟 → リッチ破壊で麒麟+4 → 8/11

 

ドラゴンやエルフ、ロイヤルあたりだと強力ですが、結局一点に絞られているので直破壊で散ると、また立て直すところから始めねばならず。。 

涙との相性はいい!

先制攻撃なので相手の体力2以下なら無傷で進化アタックが決まるので4/7という破格のサイズで残れて、なおかつデーモンや地獄開放のプラス涙破壊と合わせて、愛称はすごく良さげ!

 

このカードも使う人が皆無という点でファンデッキ愛好家のみならず、アンティークカード愛好家としても魅力的で、楽しげな世界観を作り上げてくれるのです。

 

しかし勝率はホントに悪いので、まだまだ研究の余地ありショボーン

 

 

【参考動画】

 

だいたい一年前くらいかなぁ…

ダラダラ天使修正前。。。

アイディアは面白いよねー

潜伏待機が利くならホネ皇子のホネ化散らかしから天使の効果をもらいつつ攻めて、天使強化も面白いかもしれない…

 

読者の皆さんからもアイディア募集してみたりして…キョロキョロ