~ 釣りにハマったレイリーちゃん ~

レイリーちゃん

「ねえ、聞いてよ?あたしのすぐ右にいるクマさんみたいな格好の、見えるでしょ?あの人がやってることって本当に楽しそう、それであたし、真似ようと思ったのよ。でもね、思っていた以上に大変なの。。釣り針についてあの人に尋ねたらさぁ…ブタの鼻と交換条件で教えてやるって言ったのよ~~~(# ゚Д゚)

どんな条件よそれ!

でね、あなたブタの鼻いくらか持ってたりしない?あたしマジで本気であの人から学びたいの!あーそうそう!もしあなたがブタの鼻を持ってきてくれたら、秘密の話を教えてあげる。どう?

私:『ヒミツ気になるから取ってくる;w;』

えへへ。ありがと~。プリモは20個必要なんだってブタの鼻が。シャッポから手に入るわ~。急いで取って来て!期待してるわよ~~~♪」

pointer:支持棒、針

 

レイリーちゃん

「お~、ブタの鼻~~~あはは!

あぁ、これはまるであれね…とってもキュートね!

ありがと!

あっ、あたし、あなたに秘密の話をするって約束してたわね、でしょう?近くにきてー。耳元でささやくから。

えっとね、プリモって…

ブタの鼻がなぜ必要かって、そのワケはね…。

プリモ、ブタのは鼻を食べてるのよ。生のままで。。。オエッ🐽

この目で見たんだから!変よね?あはは、だよね~!

約束通りこれで秘密の話をしたからねー!」