~ ぐっぴぃちゃん、夢語る。 ~

ぐっぴぃ

「あー、大袈裟に言うようで申し訳ないですが、私はタヌキ専門の料理人になるのが夢でした。(寿司職人、みたいな感じだと思う。)そして長年の研究を通じて、最高のタヌキ・シシケバブのレシピを完成させました。

で、ウダカ盗賊団らがタヌキ狩りの妨げになっています。

もちろんこの一大事の最中に

①タヌキ狩りなんてしてませんよ。

②タヌキ料理なんてしてませんよ。

盗賊らは昔の野蛮な感じに戻っています。特に【鬼シャーマン】と【凶暴なシャップ】、こいつらをそれぞれ4匹ずつぶっ飛ばしてくださいな。

私の人生の一部は過去にあります。(料理人になるという夢は過去のものです。)

今私は、オデリア村の警備兵であり、それを嬉しく思っています。村を盗賊団の攻撃から守ることだけに一生懸命です。なのでお願い、手伝って。」

through years of research:長年の研究を通じて

restrict:(自由、活動などを)を制限する

Of course I'm not doing this out of spite for that incident.

【直訳で】もちろん、私はその事件にもかかわらず、これをやっていません。

They are back to their old selves.

【直訳で】彼らは古い自己に戻っています。

selves:自己

ogre:鬼

ferocious:獰猛な、凶暴な、残忍な、猛烈な、ひどい、すごい(食欲、みたいな使い方のできる「すごい」)

 

ぐっぴぃ

「あー、ありがとう。本当にありがとうございます。私はもっともっと村を守りたいのです。しかし私にできることは限られているのです。。。わかるでしょう?だから私はあなたに助けてくれるように頼む必要がありました。

ところでタヌキケバブを持ってました?私はずっと戦えていませんので。しかしそのレシピで作られたその料理のためなら死ねる(くらい最高に美味いんだよね~タヌキケバブ。みたいなこと?)」

So I had to ask you like yourself to help.

【直訳できれいに出た文章】だから私はあなたに助けてくれるように頼む必要がありました。

that dish made with:○○で作られたその料理

 

属性